不動産投資をするなら場所選びが重要である

お金と住宅

不動産で恩恵を受けよう

案内する男性

金利は下がります

不動産市場はかなり回復してきました。不動産の売買が活発になるほか、オフィスビルの賃料も上昇し始めています。ここ数年の不動産市場の好調によって、不動産投資を控える投資家も出てきています。しかし、今後も積極的に不動産投資を行っても良い状況になりました。なぜならば、マイナス金利が導入されたからです。マイナス金利が行われれば、借入金利も預金金利も下がります。この2つが不動産投資を後押ししてくれます。借入金利が下がれば、表面利回りと借入金利の差であるイールドキャップが広がります。つまり、手元にキャッシュが残りやすくなるのです。そのため、不動産投資の魅力が増し、これから中古ワンルームマンションや1棟アパートを購入しようとする人も増えてくることが予想されます。

預金では増やせません

預金金利の低下は預金で運用することをあきらめさせる動機になります。都市銀行は相次いで定期預金金利を下げ、ある都市銀行では1000万円を預けても1年間で100円にしかならない状況となりました。預金をしていてもお金は増えないのです。一方で不動産投資では、都市部の中古ワンルームマンションでも表面利回りが6%から8%が見込めます。1000万円投資すれば60万円から80万円程度の家賃収入が見込めます。今まで安全性の面から預金のみで運用していた人の中にも、比較的安定した収益を確保できる不動産投資を始めてみようと考える人が少なからず出てきました。不動産投資をする人が増加するため、今のうちに行動しておけば、数年後には充分な含み益を得ることが期待できるのです。