不動産投資をするなら場所選びが重要である

お金と住宅

少子化でのマンション経営

住宅

小さなリスクで収益を確保

低金利時代には銀行などにお金を預けておくよりも、資産運用した方が収益が得られます。特に遊んでいる土地を持っていると税金の負担があるので、積極的に不動産投資をした方が資産を守ることができます。不動産投資は株や先物取引などに比べるとリスクが小さいので、初心者にも安心です。不動産投資の中で最も手軽にできるのが駐車場経営です。駐車の区分けをするだけなので初期投資が小さくて済みます。一般的なのはアパート経営やマンション経営です。最近は少子化が進んでおり、若者も多くの物件の中から選ぶ傾向があるので、おしゃれなマンションを建てて賃貸にした方が入居率は高くなります。少子化によって今後は待っているだけでは入居者を集められないので、他のマンションと差別化を図る必要があります。

他の物件との差別化が必要

不動産投資の中でもマンション経営は長期的に安定した収入を得ることができます。そのためには若者に好まれる賃貸物件を用意する必要があります。例えばエントランスをおしゃれにすると、外観をモダンな色使いのデザインにするなどの工夫が必要です。最近増えているのが、部屋を自由に改装できる賃貸マンションです。従来の賃貸では部屋に釘1本打てなかったのですが、若者を集客するには自由に改装できるような特徴ある賃貸マンションにする必要があります。その分家賃が多少高くても入居者は集まります。また最近の賃貸マンションは礼金がゼロの物件が多くなっています。これも従来の慣習を改めるという工夫によって、若者の集客に成功しているのです。