不動産投資をするなら場所選びが重要である

家の模型

人気観光地の投資

お金

世界的に人気の高い観光地である京都において、不動産投資も注目されています。というのも、京都は西日本において非常に高い資産価値を持つ地域であると共に地価の上昇も顕著だからです。またマンション建設も進み不動産投資として求める動きが増えています。これからはさらに、投資目的で購入されるケースが増えると予測されます。ただし、新築マンションの価格が上昇していることにより、家賃の利回りは低くなる傾向にあります。長期保有するのであれば、家賃利回りは非常に重要な要素となります。そこで投資先として注目されているのが、中古マンション市場です。高い利回りが期待できると共に、すでに賃借人がついていることも安心感につながっています。

京都で不動産投資を行うにあたり、工夫すべきポイントは幾つかあります。資産価値の高まりが人気の理由ですが、購入金額の上昇により収益性が減少しています。それでもそのような将来性の高い物件を購入するならば、ローン返済の負担をいかに減らすかを考えることになります。あるいは、長期に渡って長く収益を得るのであれば、中古マンションを購入するのもひとつの手段となります。京都には中古で資産価値の高いマンションが多くあります。金額が安い分だけ利回りも高くなります。不動産投資を行う上では、検討する価値は高いものと注目されているわけです。もちろん、新築とは異なり頭金がある程度は必要になります。けれどもローン返済負担は減るので、無理なく保有できます。

マイナス金利が始まります

家

マイナス金利の導入は、不動産投資をしている人に対して大きな利益をもたらす可能性が高くなってきました。これから中古ワンルームマンションや1棟アパートを購入しようと考えているのであれば、早めに行動しましょう。

詳細

不動産で恩恵を受けよう

案内する男性

不動産市場はこれからさらに盛り上がります。なぜならばマイナス金利が導入されたからです。借入金利が低下することにより、収益が出やすくなります。また、多くの人が不動産投資に興味を持つことが予想されるため、今のうちに不動産投資をしておけば、将来、含み益を得られる可能性もあります。

詳細

少子化でのマンション経営

住宅

低金利時代には積極的に投資をして資産を増やすことが大事です。投資の中でもリスクが低くて安定した収益を得られるのが不動産投資です。その中でもマンション経営は長期的に安定した収入を確保できます。少子化によってマンション経営も工夫が必要で、他の賃貸との差別化を図る必要があります。

詳細